市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき【活動報告】

市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜

【トップページ】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【自己紹介】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【政策理念】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【議会報告】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【議会質問】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【活動報告】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【市川市民に聞きました】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【後援会活動】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【ボランティア募集】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【個人献金】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【アクセス】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜

市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜

 

万一の時にも渋滞解消が果たせるよう【2018年01月24日】

坂下しげきです。

昨日は、鬼越事務所付近、新田事務所付近、中国分自宅付近の「雪かき」を行いました。

まだ、筋肉痛は、出ておりません。

今朝は、一部道路や歩道の凍結箇所や残雪等、危険箇所がありました。

また、国道14号線は、いつも以上に渋滞しておりました。

積雪も含めて、万一の時にも渋滞解消が果たせるようにしなければならないと改めて、感じました。

多くの方に激励を頂き、寒い中ではありましたが本当に温かいお言葉に感謝申し上げます。また、政策について、下水道の普及をきちんとして欲しい旨、要望を頂きました。



更新 2018.01.24 Wednesday 18:24  市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜
 
 

駅ホームドアの設置【2018年01月24日】

 

今年に入ってまだ1月も経っていませんが、ホームから男子大学生が転落する事件がありました。

今月4日、駅のホームで口論となった男子大学生が線路に突き落とされるという事件です。

駅のホームは非常に多くの方が利用される場所ですが、命の危険が伴う大変危険な場所です。いつ誰が事故・事件といった危険に遭遇するのかわかりません。

予防できるのであれば、全力で対応していく必要があると思っています。

110万人以上が利用する駅は、原則ホームドアを設置するものとされています。

市川市内の駅では、JR市川駅と本八幡駅がこれに該当します。

命を奪う恐れがある危険に対しては、行政はしっかりと対策をとっていくべきであると思います。被害が出てからでは、取り返しがつきません。

私は、このことについて県議会で何度も質問し、議論してまいりました。

市川市と千葉県が連携して積極的に動けば実現できるものと思っております。

しかし、市長が動かなければ何も始まりません。

私は、危険度の高い駅から順次設置し、すべての駅に設置できるように取り組んでまいりたいと思っております。

ホームドアによって守られるものは、何よりも大切な「命」です。

これからも市民の皆さんが利用する駅にホームドアを設置し、大切な命を守ることができるように挑んでまいります。

更新 2018.01.24 Wednesday 18:19  市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜
 
 

市川版:すぐやる課の設置【2018年01月23日】

 

市に対して、相談や要望、苦情があったとき、どこに連絡すれば良いかわからず、諦めてしまう方も多いと思います。

思い切って連絡しても「たらい回し」的な扱いとなり、納得のいく回答が得られないこともあると思います。

いわゆる行政の縦割りの壁を感じている方が沢山いらっしゃると思います。

また、現在の住民ニーズは多様化しており、1つの課あるいは1つの部では解決することができず、複数の部をまたがる課題もあります。

複数の組織をまたがる課題は、相談を受けた課では解決することができず、棚上げになる可能性もあり、課題解決には相当な時間がかかる場合もあります。

しかし、市民の要望は切実であり、課題解決にはスピードが要求されます。

市民にとっては、市の組織とか所管といったことは全く関係のないことであり、全ては「市川市」に対する要望であり、「市川市」に解決して欲しいことだと思います。

各所管に対する市民の声は、その所管で止まってしまう場合も多く、市川市全体の問題として集約されない場合もあると思います。

市民の声をしっかり受け止め、市民の声を「市川市」全体の問題として捉え、スピード感を持って対処できる柔軟な組織をつくっていく必要があると思います。

まずは、市民の声を受け止めるコールセンターの設置や法律や制度の隙間を埋め、前例のない課題にスピーディーに対応するための新たな組織の創設を目指したいと思います。

より良い市川市にしていくためには、市民の皆様の声を活かしていかなければなりません。

市民の声を聴き漏らさないような組織・体制をつくり、縦割りの隙間を埋める総合力を高めてまいりたいと思います。

縦割り行政のパイプ役を果たす市川市版「すぐやる課」を設置し、市民の声を市政に反映できる体制づくりに挑みます。

更新 2018.01.23 Tuesday 18:14  市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜
 
 

無電柱化に挑む【2018年01月22日】

 

市川市には、狭くて危険な歩道・道路が非常にたくさんあります。

交通量が多く、大型車が行き来する幹線道路でさえも狭くて、歩道も狭いところがたくさんあります。通学・通勤時は、狭い道路に多くの車、バイク、自転車、歩行者が行き交い大変危険な状態です。

また、整備がされていない歩道は、ベビーカー、車椅子、障がい者、高齢者の方にとっても非常に危ない状況です。

このような状況を改善するため、県議会では、危険道路(歩道)の改善について、継続的に議会活動を行い、道路・歩道改良に努めてまいりました。

道路(歩道)改良については、大きな解決策の一つとして無電柱化があります。

無電柱化によって、歩道や道路は広く使うことができ、見通しも良く、安全性が向上します。

バリアフリーにもなります。

そして忘れてならないのは、災害が起きた時、電柱は命に関わることもあるということです。

阪神淡路大震災では電柱の9割が倒れたと言われ、東日本大震災では約56千本の電柱が被災し、倒れた電柱(電線)は、救命・復旧作業の妨げになったと言われております。

また、倒れた電柱や電線は感電事故、火災にもつながる恐れがあります。

これからは、道路改良工事や新道をつくる時には必ず無電柱化を視野に入れ、無電柱化の取り組みを進めていかなければならないと思います。

無電柱化によって、狭くて危険な歩道を順次整備し、通園、通学、通勤、通院、高齢者、障がい者、ベビーカーなど、全ての市民が使いやすい歩道にすると同時に自然災害にも強いまちづくりに挑んでまいります。

更新 2018.01.22 Monday 07:00  市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜
 
 

にらめっこおびしゃ【2018年01月21日】

市川市指定の「にらめっこおびしゃ」の見学に行かせて頂き、参加させていただく機会をいただきました。
始めて沸騰させたお酒も頂きました。
残していきたい市川の無形文化遺産を引き継いでいく必要性を
体験させていただくきとで、より強く感じております。









御奉謝(おびしゃ)とは?

(下記市川市のホームページより転記)
http://www.city.ichikawa.lg.jp/edu09/1531000011.html
御奉謝は駒形大神社に伝わる行事で、行司を中に2人づつ相対してにらみ合い、早く笑ったほうが大盃(さかずき)の酒を飲まなければならないことから、俗に「にらめっこおびしゃ」と呼んでいます。

 昔は正月19日に当番の家に集まり、村の鎮守駒形大神社に飾る注連縄(しめなわ)を作って「三臼の餅つき」を行いました。これは最初の臼と2臼目がお供物に、3臼目の餅が「餅ぶつけ」(餅に当たれば無病息災、福富を得ると伝わっています。)に使われました。翌20日に行司を中にして酒を飲み合うにらめっこが行われるのです。前日に作った注連縄、供物、酒を捧げて駒形大神社へ参拝し、ふたたび当番の家へ戻ってから供物や飾り物の前でにらみ合いながら酒を飲みます。酒は熱燗で飲みにくく、周囲でも笑わせようとしますが、笑った場合は大盃を受けなければなりません。これを何回も繰り返します。こうして2日にわたる行事でしたが、今では正月20日の1日だけ、駒形大神社の社務所を使って行われています。

 この行事がいつごろから起こったものかは不明ですが、現在行われている内容は、安政年間(1854〜1860)の記録を明治11年に書写したものによって踏襲されています。

更新 2018.01.21 Sunday 22:01  市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜
 
 

渋滞緩和・歩道改良に挑む【2018年01月21日】

 

 市川市は、慢性的な道路渋滞が市内の各所で起きています。

 特に通勤・通学・雨天時の渋滞は、激しいものがあります。

 また、道路が狭く、歩道も狭隘で整備ができていないため、渋滞する道路に大型車、バイク、自転車、歩行者が入り乱れ、大変危険な状態です。

 このような道路状況を改善するために、県議会において、国道14号線の片側2車線化、交差点の改良、右折レーンの設置、信号の改良、歩道の改良、妙典橋の建設、行徳橋の架替えなど渋滞緩和・危険道路(歩道)の改良などについて、積極的に議会活動を行ってきました。

その都度、取り組んだものについて一定の効果を得ることはできましたが、今後抜本的な解決を図っていくためには、外環道の開通、京成線の立体化・地下化・アンダーパスを検討し、実施していく必要があります。

市川市の渋滞を解消するためには、国道14号線の渋滞を緩和し、国道14号線を挟んだ南北の道路を繋げ、踏切での渋滞を緩和し、江戸川の南北・東西を渡る橋を整えることが必要です。

また、交通量に比して狭くて危険な歩道が沢山あることから、歩道の整備も早急に行わなければなりません。

誰もが安心して快適に暮らせるまちをつくるため、道路・歩道の整備を計画的に進めてまいりたいと思います。

 これからも慢性的な渋滞等を解消するため、交差点整備、複車線化、京成線の立体化(アンダーパス・地下化)、歩道改良などを実施し、住環境の整備に挑んでまいります。

更新 2018.01.21 Sunday 07:58  市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜
 
 

ゴミ収集の再検討に挑む【2018年01月20日】

 

 平成2941日からゴミの収集回数が減り、「燃やすごみ」は、週3回から週2回、「燃やさないごみ」、「有害ごみ」、「ビン・カン」は、週1回から月2回に変更となりました。

このことについて、選挙期間中に市民の皆様から非常に多くのご意見をいただきました。

ゴミの収集は、大多数の市民に関わりのあることで、市民生活で欠かすことのできないものです。それだけ影響が大きい行政の仕事です。

また、ゴミの問題は、災害時のゴミの処理についても想定して考えていかなければなりません。

これだけ沢山の市民の声がある以上、早急に今のやり方を検討し、費用対効果を見極めながら、市民にとって一番良いやり方に改めていかなければならないと思っております。

これからも環境にやさしい衛生的でキレイなまちづくりに挑んでまいります。

更新 2018.01.20 Saturday 20:56  市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜
 
 

Vol.4 市民目線の市政【2018年01月19日】

坂下しげきです。

Vol.1安心して子育てできる環境づくり【2017年12月22日】

Vol.2 命を守る市川市【2018年01月05日】

Vol.3 市民生活の安心と向上【2018年1月12日】

 

に続きまして、Vol.4 市民目線の市政【2018年1月19日】です。

 

市川市長選挙において、政策方針の内容が解りづらいとのお声をいただき、

市議8年、県議6年での実績が他の候補者との圧倒的な違いであることをしっかりと主張するべき、

というお声とご意見をいただき、順次ブログに書かせていただいております。

 

  Vol.1 安心して子育てできる環境づくり【2017年12月22日】

  Vol.2 命を守る市川市【2018年01月05日】

  Vol.3 市民生活の安心と向上【2018年1月12日】

  Vol.4 市民目線の市政【2018年1月19日】

 

市民の皆様と討議できる資料の一つになればと考えております。

また、各項目について簡単ではありませんが、私の考えをブログにて書かせていただきたいと考えております。

 

更新 2018.01.19 Friday 19:50  市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜
 
 

公共施設の使用料の見直し に挑む!坂下しげき【2018年01月18日】

 市民の文化・スポーツ活動等を推進するためには、より多くの市民の方が施設を利用しやすい環境をつくる必要があります。

使用料について、市民の声を重視しながら、適性な使用料の設定、必要な減免等が行えるように制度を見直し、施設利用の促進に挑んでまいります。

更新 2018.01.18 Thursday 00:30  市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜
 
 

国府台辻切りを見学【2018年01月17日】

市川市指定の文化財の国府台辻切りを見学してまいりました。
国府台小学校の3年生も見学に来ておりました。
ポスターの政治家の坂下しげきさんだ!
と握手を求められる場面もありました。





辻切りとは?
(以下:市川市ホームページより転記)
http://www.city.ichikawa.lg.jp/edu09/1541000011.html

辻切りというのは人畜に害を与える悪霊や悪疫が集落に侵入するのを防ぐため、各集落の出入口にあたる四隅の辻を霊力によって遮断してしまうことから起こった呼び名で、古くから行事として伝えられてきたものです。

遮断の方法は注連縄(しめなわ)を作って道に張るとか、大蛇を作ってその呪力によって侵入してくる悪霊を追い払うというような方法がとられていますが、千葉県では南部の地方では注連縄を張る集落が多く、北部の地方では大蛇を作る集落が多かったようです。

市川市でも昔は国府台、国分にかけた地域でさかんに行われた行事でしたが、太平洋戦争後は世相の移り変わりとともに次第にすたれ、今ではほぼ昔の姿を伝えているのは、この国府台の辻切りだけとなってしまいました。

国府台の辻切り行事は毎年1月17日に天満宮境内で行われ、各自が持ち寄ったワラで2メートルほどの長さの大蛇を4体作り、お神酒(みき)を飲ませて魂入(たまい)れをして、町の四隅にある木に頭を外に向けて結びつけます。こうして大蛇は翌年まで風雨にさらされながら町内安全のため眼を光らせているのです。

更新 2018.01.17 Wednesday 19:25  市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜
 
 
 
【トップページ】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【自己紹介】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【政策理念】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【議会報告】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【議会質問】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【活動報告】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【市川市民に聞きました】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【後援会活動】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【ボランティア募集】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【個人献金】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜 【アクセス】市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜
市川市長選挙立候補予定者 坂下しげき 〜市川市民のために挑む〜新時代に挑む〜